インタビュー

経営者の身近な相談相手&生涯のビジネスパートナー』というキャッチコピーが目を引きますが、長くお付き合いできる税理士事務所ということに方針を置いていらっしゃるのでしょうか。また、そのことを実現するためにどのような努力をされていますか。

 CIMG9455.JPGのサムネイル画像税理士業界は平均年齢がなんと60歳です。2代目や3代目等の若い会社経営者からすると、同じ目線で話がしにくく、相談しにくいこともあるようです。
 中小企業経営者の悩みは、単に税金のことだけではなく、今後の事業の見通しや、相続や後継者のこと、その他多岐にわたります。実は、経営者は案外孤独で相談できる人がいないものです。そこで、私は関与した経営者の身近な相談相手となり、その経営者や会社とともに一緒に成長していく税理士になろうと思いました。
 経営者から頼りにされる税理士となるために、まずは経営者への親切丁寧な対応を心掛け、わかりやすい説明をいたします。さらに、お役に立つご提案やご支援ができるように、幅広い知識とノウハウの蓄積に努め、日々精進していく次第です。 

事務所のお約束では、その他にもお客様本位のサービスポリシーが掲げられています。先生が思う税理士像についてお聞かせください。

 上述しましたが、お客様の役に立とうと努力する税理士でないと存在意義がないと思っております。税理士として、適正な申告を行うことは当然のことですから、それ以上のプラスアルファのサービスを常に考え行動するようにしています。税理士業もサービス業と考えております。

無料相談を受け付けてらっしゃいますが、どのような方に利用して欲しいとお考えですか。

 CIMG9363.JPGまずは、相談しやすい環境を整える必要があると思っております。初回の無料相談を設けているのは、税理士の変更や、相続申告等でご相談をいただく場合、お客様はどんな税理士が対応するのか、どういった事務所なのか、とても不安なお気持ちだと思います。そこで、無料相談で直接お会いし丁寧にご説明させていただき、その上で依頼をしていただくか決めてもらえばよいと思っています。

 また、土日や平日の時間外でも予約いただきましたら面談させていただきますので、遠慮なくお申し付けください。 

  最後にホームページを見て御事務所にご依頼しようと思っている方に一言ご挨拶をお願いします。


CIMG9310.JPG

ホームページを閲覧いただきまして誠にありがとうございます。

皆様とよいご縁があり、生涯のビジネスパートナーとなれるよう頑張ってまいりますので、何卒よろしくお願いします。

 

 

 

インタビュー:問題解決できるホームページhttp://www.1980.jp/